【第1回研修会】H30.5.15(火) 第1回公民館職員が選ぶ!講座アワード受賞公民館実践発表会/講義「地域の学びと活動の拠点としての公民館」/館長・公民館職員情報交換会

2018年6月6日更新

5月15日(火)総会当日の午後より、研修を行いました。

第1回公民館職員が選ぶ!講座アワード受賞公民館実践発表会

第1回講座アワードで見事受賞を果たした2館に、取組の舞台ウラについて語っていただきました。

岡山市立吉備公民館
「ちちとコくらぶ」
倉敷市福田公民館
「高校生の公民館活動への参画」

参加者の声です。

研修会参加者アンケートより

 ~ちちとコくらぶ~
 「お父さん方が主体的に取り組むことが、地域を元気にしていることが分かりました。」
 「父親に年4回、体育部の活動として出ていただいているので、呼びかけによって同じような活動ができる様な気がしました。」

 ~高校生の公民館活動への参画~
 「高校生が主体的に取り組むことが、地域を元気にしていることが分かりました。」
 「児童・生徒・学生とのかかわりを取り入れていきたい。子どもたちも地域の一員であることを再認識しました。」

 ~全体を通して~
 「若い力の引き出し方についての取組が紹介されていてよかったです。」
 「それぞれの地域課題は違うけれど、"How to"の部分やアイデアは参考にしたいと感じました。」

 

講義「地域の学びと活動の拠点としての公民館」

~公民館を元気にする10ヵ条~

 引き続き、新居浜市教育委員会 教育長 関 福生 氏に
ご講義をいただきました。

 参加者の感想を紹介します。

研修会参加者アンケートより

 「ワークショップで他の公民館の実態が聞けてよかったです。」
 「これから先の公民館の目指す方向性を考える機会がいただけてよかったです。」
 「年々、公民館のあるべき姿を意識することが大切であると感じました。」
 「肩の力を入れず、他の館と連携していけば、すばらしい事業展開につながるのではないかと感じました。」
 「課題解決のために、住民の役割を考えることが大切だと感じました。」

 

館長・公民館職員情報交換会

~「自館の参考に」「講座を一歩前へ」「公民館の横のつながりを」がテーマでした~

 最後は、館長と公民館職員を2会場に分け、4人組のグループをつくって情報交換をしました。

 

 

 活発な話し合いが続き、あっという間の研修でした。

 出席者の皆様、ご参会ありがとうございました。

 

スマートフォン版パソコン版の表示に変更する