【第1回研修会】R元.5.23(木) 事例発表・講演いただきました!

2019年9月13日更新

5月23日(木)総会終了後、研修を行いました。

事例発表「防災対策~公民館だからできること~」

 倉敷市郷内公民館の取組を発表いただきました。

防災・減災には地域とのつながりがいかに大切かを、実体験をもとに発表してくださいました。

 

  発表の概要等は、こちらをご覧ください。

 

参加者アンケートより(抜粋)

 〇 実体験からの話だったので、ひとつひとつの言葉に重みを感じた。

 〇 公民館としての「防災への備え」の必要性を改めて考えることができた。

 〇 地域の特性に応じ、さらに検討していきたい。
      減災につながる対策を重視し、公民館の役割を全うしたい。

 

講演「日々のつながりが災害時に生きる」

 続いて、まち・コミュニケーション 宮定 章 代表理事に講演いただきました。

実体験に基づくお話で、大変参考になりました。 

 

発表の概要等は、こちらをご覧ください。

 

参加者アンケートより(抜粋)

 〇 できる限りスムーズで快適な災害対策をするためのよりよい計画を作る参考になった。
  今あるコミュニティをうまく調整することの大切さが勉強になった。

 〇 公民館が地域の拠点であることを活かすということがわかった。
  災害時の公民館の役割を把握し、事前準備をしっかり確認しておくことが日頃から大切だと感じた。

 

 

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
左のバナーから無料でインストールできます。

スマートフォン版パソコン版の表示に変更する