本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.
岡山県生涯学習ポータルサイトぱるねっと岡山
きっと見つかる。あなたの求める生涯学習情報

トウサンガナイタヒ
父さんが泣いた日
視聴覚教材

内容

小学生の健一は篤志の友人だ。母親同士も父親同士も子どもを通じて
仲良くなったが、やがてこの付き合いに大きな亀裂が入ることになる。
健一は優等生だが、母・良子に「勉強しなさい」と四六時中いわれて、
ストレスがたまっている。そんな時、良子が篤志の父の経営する洋食屋
が食中毒を出したらしいと噂話をする。それを聞いた健一は、教室で
その話をクラスメイトに話す。篤志がそれは食べすぎだといっても誰も
取り合わず、篤志へのいじめが始まる。ある日怪我をして帰ってきた
篤志を見て、母・尚美が問いただすが、篤志はかたくなに転んだだけだ
と言い張る。家族ぐるみで仲がいい健一一家のことだけに言い出すこと
ができないのだ。篤志の父・孝雄は、健一の父・博之と一緒にバスケッ
トをして盛り上がる。まだ、二人とも子供たちの変化に気づいていない
のだ。ある日、尚美がスーパーに行くと篤志のクラスメイトの母親に
呼び止められる。そして、篤志がいじめにあっていることを知らされ
る。ショックを受けた尚美は、篤志本人に問いただすが、「何もない」
とつっぱねられる。しかし、やはり気になり、孝雄に相談するが、孝雄
は子ども同士の喧嘩だろうと取りあわない。店の客のアドバイスに勇気
づけられ、尚美はクラスメイトの母親に篤志をいじめている生徒が誰か
をたずね衝撃を受ける。まさか、健一君が篤志をいじめているなんて。
母親としてどうするべきか。篤志が学校へ行きたがらない事態になり、
尚美は再び篤志に聞く。「健ちゃんにやられたんやろ」驚く篤志は正直
に告白する。

メディア情報
教材番号 V1391
分類 同和問題啓発 / 人権問題
貸出
インターネット貸出予約
メディア VHS
時間 28分
リーフレット
購入年 平成15年
制作・配給 東映株式会社
同一フィルム本数 1本
スマートフォン版パソコン版の表示に変更する