研修会

2020年4月10日更新

研修会(令和2年度の講座です)

 

生涯学習・社会教育関係職員研修講座 初任者研修(令和2年度)

生涯学習・社会教育推進担当者で勤務年数が少ない方、基礎的な知識を学びたい方を対象に、生涯学習・社会教育の推進に必要な基礎的知識・技能の研修を行い、その資質向上を図る。また、職員間のネットワークづくりを支援する。

日時 〈第1回〉令和2年5月 8日(金)10:00~16:00 ※第1回は中止になりました。
〈第2回〉令和2年9月30日(水)~10月 1日(木)
  ※<第2回>は「みんな集まれ!社会教育宿泊研修」と兼ねています。
会場 岡山県生涯学習センター(5/ 8)
岡山県青年館(9/30~10/ 1)
参加対象 生涯学習・社会教育担当者、公民館職員、社会教育施設職員  等
募集定員 約50名
参加申込

別紙参加申込書(様式1)により、郵便、FAX、Eメール等で岡山県生涯学習センター振興課までお申し込みください。
一日のみの参加も可能ですが、できる限り2回連続での参加をお願いします。


<申込期限> 第2回については後日案内いたします。
<申 込 先> 岡山県生涯学習センター振興課
      〒700-0016 岡山市北区伊島町3-1-1
      TEL:086-251-9751 FAX:086-251-9757
      E-mail:syogaise05@pref.okayama.jp

研修内容

第1回

・講義「基礎から学ぶ生涯学習・社会教育」岡山大学大学院 教授 熊谷慎之輔 氏
・説明「岡山県の社会教育行政の現状」岡山県教育庁生涯学習課職員
・ワークショップ「地域のミリョク」岡山市立公民館社会教育主事

第2回  ※「みんな集まれ!社会教育宿泊研修」参照

 

 

令和2年度 地域学校協働活動推進員等レベルアップ講座

地域学校協働活動に関係する地域学校協働活動推進員や市町村担当者などが必要とするコーディネート力、ファシリテート力等の資質・能力の育成・向上を図る。

日時

〈第1回〉 令和2年 6月中旬を予定しています
〈第2回〉 令和2年10月上旬を予定しています

会場 〈第1回〉岡山県生涯学習センター
〈第2回〉岡山県生涯学習センター
参加対象 地域学校協働活動推進員または推進員として活躍が期待される方
市町村教育委員会担当者・社会教育関係職員等

研修内容

第1回 講義・演習を予定していますが、内容は検討中です。
第2回 講義・演習を予定していますが、内容は検討中です。


令和2年度 「親育ち応援学習リーダー」スキルアップ講座 

「 親育ち応援学習リーダー養成講座」の修了生や「親育ち応援学習プログラム」を活用している家庭教育関係者、保険福祉関係者、市町村家庭教育担当者が一堂に会して演習、交流を行うことで、ファシリテーターとしてのスキル向上や「親プロ」活用促進に向けて各地域でのネットワークを構築する。

対象

平成23~30年度「親育ち応援学習リーダー養成講座」修了生
市町村家庭教育担当者、保健福祉関係者、家庭教育支援チーム員、
「親育ち応援学習プログラム」活用に興味のある方 等

日時 10月下旬~11月中旬(1回)
会場 岡山県生涯学習センター

研修内容

講義 ファシリテーターとしてのスキルをアップさせよう!(予定)
演習 悩みを相談して、ファシリテーターとしての自信をアップさせよう!(予定)

 

 

社会教育実践専門講座

 事業や講座の企画・立案、人や情報のコーディネート、各種団体等との連携など、専門的な知識・技術に関する研修となっています。日常の業務に役立つ実践的な講座です。

講座テーマ 「高齢者が活躍する地域づくりに向けた学習プログラム作り(仮)」
対象 生涯学習・社会教育担当職員、公民館職員、首長部局関連職員、まちづくり関係のNPO法人職員 等
日程 連続講座として、年3回程度の研修を予定
会場 岡山県生涯学習センター

 

   

 みんな集まれ!社会教育宿泊研修

 地域づくりに携わる人たちの横の連携を生み、「コーディネーション」と「ファシリテーション」に特化し、事業推進のキーパーソンとしての「意識」と「スキル」を向上させる講座です。基本の実施形態は1泊2日でおこないます。

講座テーマ 「コーディネーション」と「ファシリテーション」のスキルをグループワークを通して学ぶ
対象 市町村行政担当者、公民館職員、地域おこし協力隊、NPO関係者、大学生、部局職員 等
日程 9月30日(木)10:00~10月1日(金)16:00
会場 岡山県青年館

研修内容

9月30日(木)
10月1日(金)
「心のありかた」「人を巻き込む力」「コーディネーション」「ファシリテーション」の
4段階で進めていきます。
知識のインプットにとどまらず、アウトプットの場もしっかりと確保できるような研修を考えています。
講師 (株)いろむすび 代表取締役 古林 拓也 氏

関連情報

スマートフォン版パソコン版の表示に変更する